• SIZBA

なぜブランド品は高いのか?5つの理由です

最終更新: 2020年12月22日

なぜハイブランド品は高いのか?五つの視角から真実とデマを明らかにする


こんにちは、東京を拠点としてアパレルブラント「SIZBAセズバ」を運営する梁銘希(りゃん メイヘイ)です。今まで、香港と中国大陸のいくつかのアパレル工場で働く経験があり、自分がアパレルのことはよく理解しているかもと思います。そして、今度はいつも一番聞かれた問題を自分の経験に基づいて説明していきたいと思います。


目次

一:なぜブランドは高い

一:生地

二:デザイン(Tshirt)

三:色

四:質

五:付加価値


二:デマを打ち消す

デマ1.「ブランド品なら10年間着られる!」

デマ2.「ブランド品のデザインはすべでデザイナーのクリエーション」


まとめ




皆さんはオンラインストアでもリアル店舗でショッピングする時、ハイブランドのTシャツもちらっと見て、「え?5万円?なぜそんなに高いの」とびっくりした瞬間があるのではないか。


今回は、なぜ簡単そうな商品でもブランド品なら値段が高いという疑問についてご紹介します。具体的に、五つの視角から、ブランド品アパレルの真実とデマを明らかにしようと考えております。



今度の文章は約2000字、読み時間はだいたい15分となります。

―――――――――――――――――――――――――――――

では、ハイブランドとプチプラ服ブランドはいったいどんなところが違いますか? これから生地、色、質、デザイン、とブランドの付加価値、五つの視角からご説明させていただきます。


一:生地

コットン

まず登場するのは生地です。ここではまず大きな違いが出で来る可能性があります。

たとえ同じく「綿100%」が書いてありますが、綿の種類や産地によって価格は10倍以上の差が出るかもしれません。例えば、最高級のエジプト綿(長繊維綿)から作った織物は通気性が強く、汗をつけにくく、速乾の効果が普通な綿より強いですので、高級ブランドのオーダーメイドに好まれてます。


では、実際にブランド品とプチプラ服は各どんな生地を使ってますか?


ブランド:

(もちろんブランド品は全部エジプト綿でTシャツを作るわけではないが。。)一般的に、生地に対して細分し、複合素材でも(「綿混」というとか)ハイブランドは綿の割合にも厳しいです。かつ、綿の種類や産地も重視します。



プチプラ:

一般消費者にとって、綿の種類が違ってもいい生地と普通な生地の違いはそんなに明らかではなくて、特に手で触っても区別がやや不可能です。そのため、高級綿を使わずコストを抑えるの方がもっと魅力です。


だからどんな綿を使うことは大きい程度はブランドの自分の自律によることしかできません。



二:デザイン(Tshirt)

プチプラと比べてブランド品が最も違うのはデザインだと思います。ハイブランド会社では専門デザイナーがたくさん集まり、ブランドイメージをきちんと理解してから参入したので、新しいデザインを常に生み出しながら、スタイルも比較的統一します。

一方、プチプラが素材やデザインを繰り返し服を作っても構いません。


それに、ブランド服の製造は高難度の場合、値段も恐らく少し高くなります。

たとえば服の一部は手で一つずつ縫わなければならないとか、糸を特定な形にして編み合わせるとか。あとは、綿や「混紡」を使うとき、ブランドは綿の割合あるいは糸番手に対して、具体的な数値を求めます。糸番手は服であまり書かなくみんなが知らない存在であるが、価格に大きい影響あります。


だから、時には私たちは見た目がとても普通なと思って、でも値段は高い服は、その価値は恐らくデザインに合わせて複雑な技術と生地を使った可能性もあります。



三:色


皆さんは毎年最新の色は何か知っていますか?だいたいそんなに気にしないかもしれませんね、特に時々「新しい色」と言われても既存の色となんか似ていると感じています。

しかし、ブランドは常にアイテムを更新するため、デザインだけではない、色でも最新のものが望ましいから、世界各地の工場から最新の色レシピを購入します。これもブランドの追加費用です。


相対的プチプラはこの負担が少ないです。最もユニックじゃなくてもよいから、一流ブランドのイメージを必死に維持しなければいけないハイブランドほどではありません。


四:質


サイズ

皆さんがあまり馴染みのない品質検査からを説明します。昔私がいた縫製工場では、基本的に縫製の後、ラストステップは洗濯後の縮むレベルを測ります。なぜなら、生地の特性によって、洗濯後の服が標準サイズから誤差が常に生じます。しかし、ブランドによりこの誤差の容認度も異なります。例えば現在、普通の服の平均誤差は2cmほどですが、プチプラなら誤差2cmでも構いませんが、ハイブランド品は誤差1.5㎝以上なら認めない場合もあります。


色とほかのもの

色の品質検査といえば、染め用の顔料の中に過敏源などが含まれるかどうか、糸屑があるかどうか、色違いがあるかどうかという。ここでは深く説明しませんが、もし興味があれば、ぜひコメント欄でメッセージを書いてください。これはブランド品がプチプラより質が高いそういう意味ではなく、ただ標準はハイブランドの方が高いをお伝いしたいです。


なにか問題を見つかりましたか?



柄が合わせていないでしょう、ブランドならこういう問題の発生を避けようと心掛けています。もう一つはプリントの方法です、もしプリント自身が厚すぎたら、着用感も低下します。それもブランドと製造工場が考えることです。



五:付加価値


あなたは服だけを買うのか?それともこのブランド価値を買うのか?

いよいよ最も重要な一環が登場!いくら生地、質、製造の難さや手作りにより価格を上昇させても、たとえとても簡単なtshirtとしても、ブランド品の方があまりに高くて一般人は手に入れないわけがなんだろうか?


もちろん、本当にこのブランドのデザインやコンセプトなどが好きだから買う人がいますが、だいぶの人は単純にある商品を買うのではなく、そのブランド品に付け加える価値を狙っています。

例えば、芸術品を買う人は100%芸術上にの価値を見えるとは限らないでしょう。しかし、「芸術に関心が持ってる人」「センスがいい人」と見せたいです。ブランド服もう同じです。

服自身を買うわけではないファッションセンスがあったこそこのブランドを着るというイメージを売っています。あるいは、役員や弁護士など高年収の方は安っぽいものが買いたくないという心理も少なくはないです。一応自分の社会地位と合わせるブランド服を選んで、自分の能力とプライドを振る舞うのが大切にしています。ブランド品を着ると自信が出せることも聞いたことがあります。


最後に、ブランド品の店員さんたちの言葉遣いやマナーが気付きましたか?必ず多い数量なスタッフが揃って、礼儀正しく、お客様一人一人に対して丁寧に対応してくれます。まるでお客様は至高の神様みたいですよね。普通のアパレルショップはこのような体験は珍しいです。恐らく店に入ってから出るま出店員さんはまだ声もかけてくれない場合もたまたまあります。


更に、ブランドは店内の装飾にも工夫して、当ブランドの世界観やイメージを映します;ラッピングや商品管理にも追加費用がかかります。



以上はブランド品は「なぜ高い」に関して五つの真実です。しかし残念、ブランド品に係り以下デマもあります。


デマを打ち消す


デマ1.「ブランド品なら10年間着られる!」

これは嘘です!

ブランド品は確かに作るとき、色、サイズ、生地の割合などの標準が高いですが、丈夫とは言えません!元々実用性のため開発ではないから、もし毎日毎日着たら、絶対にすぐ古くなります。セレブリティや富裕層たちは、ただ一回、二回くらい着て、そして専門のメンテナンス屋に任せるから、色もシルエットも維持できます。もし何もしないまま長く着たらシルエットは必ずズレるて行って、色もどんどん暗くなります。



デマ2.「ブランド品のデザインはすべでデザイナーのクリエーション」

• ブランドでもすべての商品はデザイナー自分自身のクリエーションとは限りません。例えばデザイナーがゼロから100個のデザインを作成し、それに従って100個サンプルを作りましたが、最後にその中に10件だけが販売決定になると、残り90個は処理せざるを得ません。コストは高すぎ、時間も無駄にかかりますので、ブランドのデザイナーは製造工場から提供した様なサンプルの中からブランドのイメージに近いもの選んで、当期新品のコンセプトに合わせようデザインを調整して、販売するケースもあります。



まとめ


長所

・ブランド服の品質の標準とデザインに優れています。

・他人はあなたの着ているブランドからあなたの社会地位を推測します

・正式の場所は正式の服を着べきです


欠点

・コスパに優勢ありません。

・デザインが向けているターゲットが狭い場合あります。(特定な体つきしか着られませんとか)

・丈夫ではないため、毎日着ると普通の実用服より速く壊れる可能性があります。実際に洗うことはできないものもあって、一旦汚くなって使えなくなるものも結構あります。


プチプラとブランドの費用の違い

商品自身「服」というもっと基本の価値を除いて、ブランドは製品に投入したデザインや更新の費用から、そして宣伝広告費と店鋪内装まで(ブランドイメージの維持)コストが高まります。このように商品1件につきの投入はそもそもプチプラより多いので、価格が高くなることも当たり前です。ただし、利益率もかなり高く想定されています。最終価格を見れば、そのコストの何倍以上部分は無形のブランド価値から出てきます。つまり、このブランドを使うために払うといっても過言ではありません。






ここまで読んでくれてありがとうございます、もしロゴtシャツや無地を気になったら、ぜひホームページにご覧ください (http://www.sizbajp.com)。本店は、商品デザイン・製造から販売までSIZBA自社で行い、誰でも手に入れる価格を実現しています。



13回の閲覧0件のコメント

最新記事